自己紹介

 はじめまして。総務課栄養グループ栄養士の斑目秋(まだらめかずあき)です。

 生まれも育ちも立川市で、父の影響で野球を始め、現在も週末休みのときは野球を楽しんでおります。体を動かすことが好きな31歳です。

栄養士になったきっかけ

 私は高校生の時に野球部に所属していました。そのときの顧問の先生が体の細かった私に部活終了後におにぎりなどを作ってくれました。少しでも多く食べて体を大きくするためでした。理想までは届きませんでしたが、体重も増え少し体が大きくなりました。食べ物と体は密接な関係があると感じました。

 そこでの経験から食べものや栄養に興味をもち栄養士になろうと専門学校に進もうと思いました。

 専門学校に入ると、毎日慣れない栄養素の言葉を聞きながら授業を受けていました。調理実習もあり経験の無いものを作ったりと奮闘していました。 

 専門学校卒業後は小、中学校の給食センターに勤めました。献立作成や発注業務など専門学校での勉強とは違い、毎日勉強の日々でした。大変な事もありましたが、子どもたちの正直な感想がとても力になりました。産休代替での仕事だったので、1年半勤めました。

 その後は自分のステップアップのため病院に勤めました。学校給食とは対象が違い、病状に合わせた食事の提供が必要だったので、栄養素や食事の大切さを学びました。5年程勤務し、現在のヨコタホームに入職しました。

 現在は人員も少なく栄養士業務だけでなく、調理業務も行い忙しい日々ですが、利用者様に満足していただけるよう日々努力していきたいと思います。

納入業者の方に対応している斑目さん

         




前のページに戻る