社会福祉法人もくせい会には働く場所(事業として)特別養護老人ホーム、デイサービス、在宅介護支援センター、居宅介護支援事務所、訪問介護、グループホームがあります。

 それぞれの職場で、たくさんの人が働いています。どんな職場でどんな仕事をしているのでしょうか。 実態を知っていただくために職場紹介を計画しました

職場紹介

 職 場 名 氏 名 職 種  記録日 
グループホーム ヨコタ 植田孝宣 管理者 2017年 2月 


                    グループホーム ヨコタ

職場紹介

 グループホームヨコタでは、認知症を患っている高齢者の方々に居心地の良い暮らしの場を提供しています。現在9名の認知症を患っている高齢者の方々が職員と共に共同生活をしています。 

            

 食事の支度や掃除、洗濯、買物等の日常生活を職員と他の入居者と共に行い、自宅で過ごすような家庭的雰囲気の中で生活することにより安心と安らぎが保たれた暮らしをしています。

介護保険で要支援2以上の介護認定を受けた認知症の人が入所対象です。また、地域密着型のサービスなのでその地域である福生市に住んでいる(住民票がある)ことも必要条件となります。 

日々の生活ですが職員と共に日常の普通の自宅で過ごされるのと変わらない生活をしています。 

 「お昼は何にしようか?」と皆で考えたりします。食事作っていると「何か手伝うよ」とか「洗い物しようか?」とか気軽に声をかけあいます。

 人生で豊富な経験の持った方達なので、包丁の使い方や野菜の切り方等を教えていただいたり、知恵をお借りしたりしています。

                  


 食事は職員と9名の利用者さんと一緒にしています。食事の盛付け、お茶を入れる、箸を並べる テーブルを拭くなど皆で協力し合います。

 空が暗くなり、天気が悪くなりそうであれば「そろそろ洗濯もの、取り込もうか」と言って下さったり、夕方になればカーテンを閉めて下さったりとよく助けてくれます。

 キレイに掃き掃除をしてくれたり、フロアーとお部屋に掃除機をかけてくれたりします。

 買物に行った時には、カートを押したり、商品を選んだり、袋詰めをして下さったりしています。

 皆で、それぞれ無理強いすることなく、出来る事をしています

 また9名と少人数である為、顔なじみの関係が築きやすく、利用者同士の励ましや助け合いがあります。利用者同士の部屋を行き来して、仲良く談笑されている光景もよくみられています

 職員が出勤しドアを開け挨拶すると「おかえり」と言って下さる方もおられ、まるで自分の家のように感じてくれている方もいらっしゃいます。

                  

 利用者の9名には各個室があり、自分の時間、自分のスペースがあることがプライバシーの保護にも役立ち、ゆっくりと新聞を読まれる方や読書に励む方 お昼寝をされる方、ホームには庭があり洗濯物を干したり、日光浴をされたりと様々です。

 少人数であるがゆえの大変なこともあります。入居されている方々は認知症を患っている為、人によって症状が軽度〜やや重度な方など様々な方がいらっしゃいます。利用者同士うまくコミュニケーションがとれず、話しかけても返事が返ってこないため「なんであの人はあんなことをするのか」という質問などがあり、それを理解をして頂くことが難しいこともありますが、職員が介入して利用者お互いの自尊心を傷つきないようアプローチしています。

 今後も皆様が笑顔で楽しく生きがいを持って生活できるように力になれればと思っております。

          
        2017年2月3日(金)節分から



 自己紹介  

「グループホームヨコタ」 職員の植田孝宣です。 

 生まれも育ちも国分寺市出身です。 

 小学校に上がる前より、少年野球をしていた兄や監督をしていた父の影響により野球を始めめました。本当はサッカーをやりたかったのですが、そんな事情もあり、とりあえず野球を始めました。練習は嫌いでどうしたら楽ができるかばかり考えていました 

 そんな野球も小・中・高と続けることができたことを今思えば、一緒につらい練習をしたり、試合等に負け悔しい思いをしたり、また楽しい事を共有できた仲間がいたからだろうと思います。 

 現在も一緒に野球をしていた仲間とは皆で会うこともあり、私にとっては大切な財産となりました。 

 これといって趣味はありませんが、今は子供と遊ぶこと。子供はわがままで、なかなか言うことは聞きませんが、その成長する姿を見ているのがとても楽しいです。 

 ヨコタホームへは平成18年度に新卒で入職しました。 

 配属された先は特養の生活課で、全く分からない事ばかりで、覚える事も多く、毎日が大変な日々でした。職場の先輩等々のご指導により、少しづつ覚えていくことができました。

 御利用者からの感謝の気持ちや、職場の方々の支えにより今でもこの仕事を続けていられると思っております。

 その後、平成25年度より現在の部署であるグループホームヨコタへの異動となりました。

  これからも仕事を通して自分自身の成長、また皆様の力に少しでもなれるよう頑張っていきます。






最初のページに戻る